一律に診断名によることなく、筋麻痺や関節拘縮などの症状がみられ医師の同意がある場合、健康保険が使えます。

医療保険が使えるマッサージです。

この訪問マッサージの制度は、
筋肉のマヒ】【関節の拘縮】などで、医師によりマッサージが必要と認められた方に対し、ご自宅や入居介護施設等へお伺いしてマッサージを行なう制度です。
(訪問リハビリはまた別の制度です。下記後述します。)

医療費抑制のため、政府が推進する医療サービスのひとつです。 厚生労働省は医療費抑制の総合的な推進として、病院や施設から地域・在宅への復帰が円滑にできるよう在宅医療の支援体制の構築を推進しています。

主に脳卒中後遺症による片麻痺・パーキンソン病・骨折後の歩行障害・寝たきりなどの理由で歩行が困難な方がこの制度を利用されております。年齢・期間の制限はありません。

各種医療健康保険が適応されるには、かかりつけ医の同意が必要です。
医師の同意書を取得して頂ければすぐに訪問マッサージを受けることが出来ます。
(当事業所では代理で医師に申請させて頂きますので煩わしい作業はございません。)
各種医療健康保険が適用されると、1割負担の方で1回300円~500円程度で受かられます。
また、健康保険の枠組みですので介護サービスを減らさなくてもよく、他の医療機関と併用することもできます。
マッサージ施術は【あん摩マッサージ指圧師】の国家資格者が行ないます。

訪問マッサージによって期待できる効果は以下の通りです。
・関節拘縮予防や改善
・筋肉のマヒの緩和や改善
・寝たきり予防
・血行促進
・褥創(床ずれ)予防
・むくみ(浮腫)除去
・疼痛緩和
・リハビリテーション

定期的に訪問することにより、患者様の体調のケアはもちろんのこと、精神的なケア、痴呆の予防なども期待できます。

※訪問マッサージと訪問リハビリの違い
訪問リハビリは、理学療法士・作業療法士等が利用者の自宅に訪問し、身体機能の維持・改善の為にリハビリテーションを行います。内容としては運動を主体とする機能訓練です。
要介護認定を受けた方が対象です。介護保険を利用しますので利用制限額があり、限度額を超えると自費負担になります。
また、医師の指示下では、理学療法士もマッサージを行えますが、
病院や診療所の外で医師の指示がない場合は、理学療法士の資格を持っていてもマッサージを行うのは、違法行為になります。

なお、訪問マッサージと訪問リハビリの併用は可能です。
よく似ている制度ですが、文字通りマッサージを受けるかリハビリをするか、の違いです。制度を上手にご利用下さい。